蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判の長期化も検討する

離婚をしたいと考えていても双方の合意がなければ成立をさせることはできません。
お互いに合意をしているのであれば、離婚届を提出するだけで終わりますが、合意を得ることができない場合には離婚裁判を起こすこともあります。
離婚裁判の前に調停の場を設けて話し合いをするということになりますが、お互いに言っていることに差があれば真実はどちらなのか分からなくなってしまいます。
自分の不利になるようなことは隠しますし、覚えていないという言葉で濁すこともあるでしょう。
離婚裁判を担当する弁護士の入れ知恵によって、覚えていないという言葉を発する場合が多いですが、不利になっても真実はキチンと伝えるべきです。
真実を伝えなければ、離婚裁判も長期化をしてしまうことになり、いつまで経っても決着をつけることができなくなってしまいます。
相手の言っていることが虚偽である証拠を得ることが出来ればよいですが、難しい場合にはかなり長期化をすることも覚悟しなければいけません。

Page Top