蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判に要する時間

離婚自体は両者の話し合いで成立すれば、わざわざ離婚裁判を起こさなければならないということは決してありません。
この場合は話し合いの期間によっても変わってきますが、比較的スピーディーにいろいろなことが決まっていく場合も多々あります。
しかしなかなか話し合いがまとまらない場合は、自分たちだけでなんとかするのは難しく、結果的に離婚裁判に至ることも多々あります。
また、この場合の期間としては大体一年から二年程度かかることが多くなっており、裁判の平均審理時間は11カ月程度となっています。
ただ裁判の時に決定的な証拠などを用意しておくことができれば、これよりももっと短い期間で結審する場合も珍しくありません。
しかし反対に決定的な証拠がない場合は第一審で敗訴してしまう可能性があり、その場合は裁判の長期化の可能性が各段にアップします。
つまり、第一審でどのような結果になるのか、それによって離婚裁判に必要な期間はかなり変わると言って良いでしょう。

Page Top