前へ
次へ

離婚裁判の証拠を準備しよう

離婚をする際に協議離婚が難しい、という場合には離婚裁判を起こして成立を目指すということが多いです。もしも離婚の理由が相手の不貞行為だった場合には、それを証明する証拠をつかんでおく必要があります。証拠があるのとないのとでは裁判でも印象が全く違ってきます。相手も弁護士をつけている場合には、弁護士が証拠をねつ造したものだとか、信じられないようなことを言ってくる場合もあります。ですから確実な証拠をつかんでおくということが慰謝料請求の金額をアップさせるコツと言えるでしょう。どんな証拠があるべきなのか、あったほうがよいのか、ということは弁護士に相談をしてみるとよいです。内偵をしてもらって証拠をつかむともなると高額な費用がかかってしまうので、出来るだけ自分で証拠を掴めるようにしておくとよいでしょう。そのためのノウハウも弁護士が教えてくれることがあるので、まずは離婚裁判を専門に扱っている弁護士を探して相談をするとよいでしょう。

Page Top