前へ
次へ

離婚裁判を有利に進めるために

離婚裁判は原告被告の両者が争っていく形になりますが、ここでは慰謝料などの金銭問題や、子どもの親権問題などが話し合われます。誰でも起こすことができる裁判ではなく、悪魔でも有責配偶者からの離婚請求は認められていません。ではどのようにすれば短期間で、そして自分にとって有利に話を進めて納得のいく裁判の結果に導くことができるのでしょうか。まず重要なのは第一審で終わらせることで、そのためには決定的な証拠を出来るだけ多く集めて裁判官に自分の主張が正しいことを判断してもらわなければなりません。証拠としては写真、診断書、契約書、通帳の記録などを利用することができ、さらに親族や近隣の人の陳述書も利用可能です。一般的には大体この裁判には11.6カ月を要すると言われていますが、裁判の際に請求するものが増えれば増えるほど期間は長くなっていきます。反対に離婚裁判で争う内容が簡潔になればなるほど、短期間で結果を出すことができるようになるので、どこまで求めるのかも重要なポイントになってきます。

Page Top