前へ
次へ

私の離婚裁判の経験について

私は5年前に離婚した経験があります。相手と拗れてしまい、円満に離婚とはいきませんでした。その時に色々と経験したので、それについてお話ししたいと思います。まず離婚の話が出ると、話し合いをすることになると思います。そこで話の折り合いがつき離婚条件を双方が了承した上で、離婚届を提出すれば協議離婚という形になります。もしそこで競技が決裂してしまうと、次の段階に進むことになります。次は調停という裁判所で開かれる話し合いに双方が参加します。調停は調停員という男女2人が双方の意見を聞き取り、離婚に向けて条件や希望をすり合わせていきます。私はこの調停で離婚が成立しました。本人だけで調停に参加することももちろんできますが、双方の駆け引きになるので弁護士に入ってもらう方が安心です。もし調停でも折り合いがつかない場合は訴訟を起こし、離婚裁判をすることができます。裁判で離婚について争うのですが、そこまでいくのにとても時間がかかります。離婚裁判は時間だけでなく気力や精神力もいるので、早めに解決するのが良いでしょう。

Page Top