蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判は最終手段としてある

配偶者とのトラブルによって離婚の話が出てくると離婚調停になることもあり、これは法律の専門家がいなくてもできることがあります。
しかし、離婚裁判となると状況的に素人ひとりでは何もできないため、専門家でもある弁護士などに頼むケースが現状です。
弁護士をつけることでメリットはたくさんありますが、まず一人では裁判所に行けないという事情があっても、弁護士にお願いをして結審になることもできます。
これは子供がいるからいけなかったり、お腹の中に赤ちゃんがいて身動きがとれないということや、病気で外出することができないケースです。
相手がいて訴訟をするわけなので必要書類が山のようにありますが、これも弁護士が担当してくれるので問題ありません。
本来であればお互いのことですからしっかりと話し合って円満な形で離婚をすることが望ましいですが、そううまくいかないのが人間です。
離婚裁判で相手のことを憎く思うこともあれば、絶対に許せないということで慰謝料までもらわないと気が済まないこともあります。

Page Top