前へ
次へ

離婚裁判はできるときと出来ない時がある

離婚裁判というのは話し合いの結果で離婚を決着させることができなかった場合のみに訴えるという方法の一つであるわけです。しかし、誰でもいつでも好きなようにできるというわけではないです。それなりに離婚するための理由というのが必要であり、離婚事由というのが相手にある場合のみ行うことができます。つまりは、浮気とかDVとかそうしたことです。それにそもそも調停離婚というのがその前にあってそれがまとまらなかった場合にのみ可能なので、いきなりそれを行うということができるようになっている制度ではないので離婚裁判というのは注意した方が良いでしょう。要するに自分が悪いのにも関わらず相手が離婚を認めないので訴えるというようなことができないような制度になっているわけです。これは道義的にもその制度が正しいということは間違いないと言える部分となっています。弁護士に必ず依頼しないといけないということでもない点も特徴であるといえるでしょう。

Page Top